• top
  • スウィングバナー制作実例

ヒノマルソウル制作実例

ヒノマルソウル制作実例

田中圭さん・土屋太鳳さんらが出演する映画ヒノマルソウル。その作中に出てくる長野五輪の青い旗、当店のスウィングバナーが使用されました。
スウィングバナーは通常ののぼり旗と見た目が違い、とてもスタイリッシュで、特にスポーツ関連のイベントでよく使用されます。他にもモータースポーツやモーターショーなど車やバイクに関するイベント会場でもよく使用されています。

/映画『ヒノマルソウル 〜舞台裏の英雄たち〜』公式サイト

映画『ヒノマルソウル 〜舞台裏の英雄たち〜』公式サイト

映画「ヒノマルソウル」での使用例

  • スウィングバナー映画作中イメージ
  • スウィングバナー映画作中イメージ

イベント会場をにぎやかに

映画ヒノマルソウルのように広大な会場でスウィングバナーをご利用いただく場合は、大きいサイズで複数利用することをお勧めします。
今回作中で使用されたスウィングバナーは、960mm×3540mmの特大サイズ10本が使用されました。広いイベント会場では、サイズや本数がとても重要となります。なるべく大きいサイズのスウィングバナーをたくさん並べることで、会場の雰囲気が華やぎイベントを盛大に盛り上げてくれます。

存在感抜群!アイキャッチにすぐれたスウィングバナー

  • スウィングバナー映画作中イメージ
  • スウィングバナー映画作中イメージ

高い宣伝効果を発揮します

スウィングバナーは先端が丸みを帯びた流線形となっており、この独特なフォルムが人の目を引きつけます。つまり、高い宣伝効果を発揮するツールともいえます。また、通常ののぼり旗では日本っぽさが引き立ってしまいますが、スウィングバナーはスポーティでスタイリッシュ。洋風をイメージする場所でも問題なくご利用いただけます。
スウィングバナーが風を受けるとヨットの帆のように向きを変えくるくる動くため、アイキャッチ効果も抜群です。さらに、スウィングバナーで使用しているポンジ生地は裏抜けも良く、風によって裏返ってしまっても真っ白にならず、表のデザインがしっかりと透けて見えるためイメージや雰囲気を損ないません。

当店のスウィングバナーが選ばれる理由

スウィングバナー映画作中イメージ

正規品で高品質なのに低価格

映画ヒノマルソウルでも使用された当店のスウィングバナー。当店が選ばれる理由は、スウィングバナーの品質はもちろん、正規取扱店でありながらリーズナブルな価格で提供しているから。のぼり旗よりも目立たせたい、イベントを盛り上げて成功させたいなどのご要望がございましたら、ぜひ当店のスウィングバナーをご利用ください。

スウィングバナー耐久力

耐久性にすぐれた仕様

スウィングバナーは耐久力にすぐれています。ほつれ防止のため三巻縫製が施され、袋加工の先端には破れを防止するためのターポリン補強が施されます。

Swing Banner®正規品の証

Swing Banner®正規品の証

当店のスウィングバナーには、正規品の証として「Swing Banner®」のタグが縫い付けられます。海外製コピー商品や粗悪な模造品にご注意ください。

他社との価格比較

スウィングバナー
1枚価格の比較
当 店 A社 B社 C社
Aタイプ
390mm×1440mm
(ポール付・税込)
10,879円 15,620円 13,200円 11,638円

スウィングバナーのAタイプで価格を比較しました。品質・価格ともに自信があります。
上記タイプ以外にも5種類のサイズをご用意しております。また、注文枚数による割引も行っておりますので、まずは商品詳細ページをご覧ください。

ご不明な点はお気軽にご相談ください!

営業時間(平日)
10:00~18:00

0800-800-2206

「幕マーケットのホームページを見た」とお伝えください。



PAGE TOP